日本の国内総生産(GDP)は主に輸出の増加は1.4%増のペースのおかげで2017年の第3四半期に成長し、政府が発表しました。

7月から9月の間に、第三世界経済は、内閣府が本日発表したデータによると、第7四半期連続進歩を表して、今度は前四半期と比べて実質ベースで0.3%拡大しました。

第二四半期の間に、日本のGDPは前年同期比2.5%の年第一四半期から0.6%を進めていました。

少しほとんどのアナリストの予想を超えたデータは、16年間でアジアの二番目に大きい経済の継続的な成長の最長期間を反映しています。

GDPの主な要因は、再びオン四半期1.5%と前年同期比0.6%の年成長した輸出、日本経済の主要な要因のひとつに、上昇しました。

これとは対照的に、日本のGDPの約60%を占める家計支出は、7月 - 2016年9月に比べて前四半期は1.8%から0.5%下落しました。

企業の設備投資、回復を刺激する安倍晋三首相の現在の政府の経済戦略のもう一つの重要な要素は、前年同期比1.0パーセントの年0.2パーセント前四半期比で増加しました。

同様に、Abe-によって駆動-the積極的な経済改革プログラム「アベノミクス」も成長のレバーの中に含ま公共投資の進化は、前年同期比9.7%減と2.5前四半期からのパーセント。

データは、とりわけ、その経済的プログラムの実施を最終決定するためにその任務を再検証主張保守党リーダーによって呼び出された程度の早期選挙で、選挙の勝利阿部後にやっと月日本経済の良好なパフォーマンスを確認します理由。

es

قالب وردپرس

シェア

Web サイトの報酬のアクティブ ユーザー、おかげで品質の向上に努めています!

ことができます記事が間違っているか不足している情報を場合、またはそれを編集したり、コメントで私たちに通知 ここでオリジナルを参照してください。

改善ありがとうございます Business Monkey News!

資料を変更します。