金曜日, 11月 24、2017
Category:
Choose your language: English Español Français Português Italiano Deutsch Pусский हिन्दी 日本の 中国 한국어

"一日のワインのグラス"とアルコールに関する他の神話

26

各11月15日に祝われます 世界アルコールなしこの物質は、しかし、人気のそれはあり得ることを思い出させてくれる、日付、 それは人類に害を製造することができるだけです。それでも、彼らの消費についてたくさん噂の何百もあります。そしてそれは、その経験よりも良いものを教師、右ですか?しかし、これは間違っている可能性があります。

ワインのグラス日...

おそらくこれまでで最も広範な神話の一つは、カップと言うものです ワイン 当日は、アルコールを飲まないよりはましです。この文は、根拠のないではありません。 「私の祖父は毎日フラットを取っていたし、住んでいたものを見る」からAに基づいていることも、最も厳格に 記事 そういえ2012年、そこに みんなの引数。でも、「論理的」.

しかし、彼らはまた、偽です。インクルード より最近の研究 (そして、より良い製)、我々は間違っていた私たちを見ます。疑惑の抗酸化ワインの性質と一日あたりのアルコール5グラムのメリット 彼らは完全に反証されています (そして、彼らの業界の疑いの影響でマーク)。

酸化防止剤のさらに、仮定のメリット 彼らは、私たちの体にアルコールによって引き起こされる害を正当化するのに十分ではありません。だから、いや、関係なく、それが見えるかもしれませんどのように便利な、私たちの健康を向上させるためには何も助けにはなりません一日ワインのグラスを持っていません。

少量のアルコール、それが怪我をされていませんか?

強調、はい。アルコールは、関係なく、消費の彼らの量の私たちの体に有害です。言い換えれば、アルコールは毒です。私たちのシステムは実際に持っています 専用ツールこの有毒物質を排除します。このシステムは、細胞レベルでダメージを与えることなく、資源の無駄を生じるコストと効果を有し、さらに廃棄物物質を生成実装。

アルコール消費は、疾患の約60種類に関連付けられています。強力な証拠もあります アルコール消費 それがあります がんリスクにリンクされています。もちろん、この物質は、すべての種類に関連付けられています ダイエット、栄養の問題生理学的問題および疾患をもたらす終了他の問題。特にそれは圧倒的に毒性であると考えられる心臓血管系、の場合です。アルコールを飲むことは、要するに、少量でも、それは我々がそれを好きかどうか、私たちの体に悪いです。

(偽の)撤退

以前のすべての勧告いつかはおそらくひどい二日酔いで終わるともかく。あなたが言われているように、これが苦しみの撤退あなたの体に対応しています。 一日の終わりには、 アルコール また、薬物および糖であります、¿なし?

アルコール
出典:Unsplash。

再び、それは論理的誤謬に私たちをもたらします。それが生成する理由は第一に、我々はまだ確かなことは分かりません 二日酔い. 我々は、それが免疫系に関連するプロセスに関係していると思います。我々はまた、蒸留からの二次物質が原因であると考えています。しかし、我々は、これは離脱症候群が原因ではないことを知っています。

これ自体はアルコール中毒で発生し、あなたの症状を悪化させることができますが酩酊の効果に起因することはできません。そのため、 効果は蒸留物を摂取することにより低減されます。それが真の撤退の場合だったら、私もそれを避けるために飲んで保つためにどのような方法をお勧めしておりません。

「汗」アルコールに実行

Otro de los típicos mitos consiste en creer que hacer ejercicio o vomitar consiguen eliminar el alcohol. Esta sustancia se absorbe muy rápidamente en nuestro sistema digestivo, pasando a la sangre, donde “empapa” todo el cuerpo. Tanto hacer ejercicio como vomitar solo sirven para eliminar, como mucho, un 2% de la bebida ingerida.

Esto no sirve para afectar apenas al nivel de alcoholemia (el nivel de alcohol en sangre), por lo que no tiene mucho sentido hacerlo. Hacer deporte activa otros fundamentos fisiológicos: la segregación de adrenalina y otras hormonas que podrían ayudar a despejarnos y sentirnos mejor, pasando el adormecimiento del alcohol, pero no ayuda a eliminarlo antes.

En el caso de los vómitos, por desgracia, el alcohol pasa demasiado rápido por todo el estómago e intestino, como otros líquidos, siendo absorbido sin que dé tiempo a que se retenga en el estómago y, por tanto, a que pueda ser expulsado mediante el vómito. Tampoco queda claro cuánto alcohol puede ser retenido por la comida, pero sí que podría ayudar un poco a reducir su absorción.

Mezclar tipos de alcohol no emborracha más

La idea de que mezclar tipos de bebidas ayuda a emborracharse más rápido es falsa. Al menos en el sentido simple. La embriaguez se debe única y exclusivamente a los efectos de la concentración de alcohol en sangre y no de la procedencia del mismo. Tampoco depende de las sustancias secundarias que este tenga como resultado de su destilación.

Por tanto, dependerá más de la graduación que del tipo de destilado en sí. Pero, en cualquiera de los casos, mezclar es malo por una sencilla cuestión: las sustancias secundarias de las que hablábamos. Estas tienen un efecto negativo en el cuerpo (y probablemente relacionado con la resaca, como decíamos).

Así que no es conveniente mezclar tipos de bebida. O, en realidad, como venimos diciendo durante todo el artículo, no es conveniente beberlas en absoluto. Desde que descubrimos el alcohol, la humanidad ha inventado y reinventado derivados que contienen esta sustancia. También la hemos consumido en cantidades ingentes y sin ningún temor. Pero ya es hora de que conozcamos sus riesgos y aprendamos a vivir con algo menos de bebida en nuestra vida.

es

قالب وردپرس

シェア

Web サイトの報酬のアクティブ ユーザー、おかげで品質の向上に努めています!

ことができます記事が間違っているか不足している情報を場合、またはそれを編集したり、コメントで私たちに通知 ここでオリジナルを参照してください。

改善ありがとうございます Business Monkey News!

資料を変更します。