画像:ドローンレーシングリーグ

呼ばれる最新鋭の無人飛行シミュレーター DRLシミュレータ スチームで、今日出ていると、あなたは、ハイエンドのドローンに数百ドルを費やすことなく取得するつもりだとして、それは本物に近いです。

DRLシミュレータ ドローン・レーシング・リーグ(DRL)、プロドローンレースのためのプレミアリーグの競争によって作成されました。シミュレータは、人々はそれが本当のドローンを飛ぶためにどのようなものかの感触を取得することができ、ドローン操縦のすべての基本を通過し、ドローンレースの中で最も困難なプロのレベルまでのすべてのように動作します。

シミュレータは、DRLが実際にトップシミュレータパイロットが数千ドルを獲得するチャンスを得ると、その2018年の競争ドローンのレースシーズンにトライアウトをホストするためにそれを使用しているので、真に迫っています。

画像:ドローン・レーシング・リーグ

シミュレーター

実際のアプリケーションに1:ドローンレースは実際にあなたが事実上の練習と、それはかなり1を翻訳することができ、いくつかのものの一つです。必要なのは2つのジョイスティックとコントローラであり、あなたは基本的に、それは本当のドローンを飛ぶためにどのようなものか経験しています。

ライアン・ガリー、ドローン・レーシング・リーグでの製品のディレクターは、このシミュレータはかなりユニークなことを指摘しました。

「あなたがプレイした場合 グランドセフトオート または フォルツァ、あなたが本当にF1マシンにそのゲームから取得し、上手にそれを運転することはできません」と彼は言いました。 「[DRLシミュレータ]実際には2本の棒を使用しているので、あなたはここから来て、実際のレースのドローンを飛ぶことができる、ことです。」

しかし、なぜドローンレースに真剣に取り組んだ誰かがちょうど自分のレース準備ドローンを取得し、それを練習していないでしょうか?

第一の要因:ドローンは安いものではなく、彼らがクラッシュするのは簡単です。それはすぐに追加することができ、大きなコストです。

第二の要因:誰もが誰もがF1マシンを購入することができます同じように、これらの無人偵察機を手にできるわけではありません。ほとんどの消費者の無人偵察機は毎時30マイルでアウトトップのに対し、プロレベルのDRLのレースで使用される無人偵察機は、特注であり、1秒未満で毎時80マイルにゼロから行きます。

大リーグへの行き方

で基本をマスターした後、 DRLシミュレータ、プレイヤーは2017 DRLシーズンから実際のコースを経由レースでショットを取ることができます。 5つのコースに最低の累積時間の上位24選手は、優勝者には$ 75,000の契約と2018年シーズンに世界中で競争する機会を得て、2月に愛のトーナメントで競います。

全部はesportと伝統的なスポーツのミックスのように聞こえるが、それはどれでしょうか?

ニコラス・ホーバーチェウスキー、ドローン・レーシング・リーグの最高経営責任者(CEO)と創業者は、分離された二つの競争力のある分野を維持したい人のための満足のいく答えを持っていません。

「それは実際に両方のだ - あなたが考えるようにしたいが、」彼はインタビューで語りました。 「競争の最高レベルで世界のトップ16人が本当の無人偵察機を飛ばすために取得し、esportのトライアウトと現実のスポーツとしてこれを感じる人がいる、あなたが知っている、esportとしてそれを知覚する人がいます。」

DRLで置くドローンレースのトップレベルのようなチャンネルで放送されます ESPN そして スカイスポーツ、テンポの速い、一人称レースを監視するにはチューニング何百万人もの人々と。

ここではパイロットは非常識な速度でマイアミドルフィンズスタジアムの周りに飛んだ2017年シーズンからレースの一つを見てです:

There are amateur races around the world, but people there either use slower drones or build their own, faster drones. DRL levels the playing field with its own drones so it’s less about which pilot has the best drone and more about who has the best flying skills.

The DRL competitors aren’t racing just for fun, either. The top pilot at the end of the season gets a six-figure contract to race in the next season. That means if you have a latent drone racing ability that you haven’t gotten a chance to flex yet and you win the simulator tryouts, you have another shot at making out with a ton of money.

Last year, DRL did a similar online tryout with a much earlier version of a drone simulator, which was won by Jacob “Jawz” Schneider. Schneider went on to take the top time at one of the individual races and placed seventh at the end of the season.

Being a top competitor in something like drone racing isn’t for everyone though, and the DRLシミュレータ isn’t just about finding the next best pro pilot.

For new pilots, it’s a safe way to figure out the basics (and not-so-basics) of flying drones. For people who don’t even have drones, it can become an addictive fixation, trying to get the fastest times on different courses to take no. 1 on the leaderboard.

DRLシミュレータ is available on Steam for $19.99.

en

قالب وردپرس

シェア

Web サイトの報酬のアクティブ ユーザー、おかげで品質の向上に努めています!

ことができます記事が間違っているか不足している情報を場合、またはそれを編集したり、コメントで私たちに通知 ここでオリジナルを参照してください。

改善ありがとうございます Business Monkey News!

資料を変更します。