<h4 style="display:none;" Show-Me State —

なぜGoogleはミズーリ州共和党のGoogleプローブを恐れなければなりません

ミズーリ州司法長官ジョシュHawley氏は、Googleのビジネス慣行をプロービングされます。

ミズーリ州の共和党の検事総長はあり 調査を開始 Googleのビジネス慣行に。ジョッシュ・ホーリー Googleがユーザーデータを処理する方法を知りたいです。そして彼は、Googleは、Googleが競合する他の市場での企業に害を検索ビジネスでの優位性を利用しているかどうかを検討する予定です。

「Googleは心の中でミズーリ州の最善の利益で行動していないことを信じる強い理由が、あります」 ホーリーは言いました 月曜日の声明インチ

これは、Googleが政治的な右から直面している成長圧力の別の兆候です。草の根保守派はますます文化戦争の間違った側に落下するとしてGoogleを参照してください。これまでのところ、それは、ワシントンの政策決定に大きな影響を及ぼしていません。しかし、ホーリーは来年米上院に立候補することを計画して、我々はGoogleの-と、おそらく他の大手テクノロジー企業-で今後に向けてより多くの共和党敵意を見ることができました。

批評家は、Googleが検索のその優位性を乱用していると言います

ハーレイの調査は、Googleがミズーリ州の消費者保護と独占禁止法に違反するかどうかを掘り下げるます。具体的には、ホーリーは調査します:

  • 「Googleの収集、使用、およびGoogleのユーザーとそのオンライン活動に関する情報の開示、」
  • 「競合他社のウェブサイトからオンラインコンテンツのGoogleの疑惑流用、」と
  • 「GoogleのGoogleアカウントが所有する好みのウェブサイトへの検索結果の操作疑惑やGoogleとの競争のウェブサイトを降格します。」

第二と第三の点は、Googleの競合他社の長年の懸念、特にYelpのです。何年もの間、Yelpのは、独自のレストランを与えることをGoogleに非難している必要があり、中にはYelpの眺めレビュー、少なくとも、より良いYelpのとトリップのような専用のレビューサイトを犠牲にし、検索結果の人為的に高い位置をレビュー。

FTCは、これらの懸念に見て、2013年に決定しました 主要な反トラスト法訴訟を起動していません、 Googleがそのビジネス慣行にかなりマイナーな変更を行うために必要な決済を選びます。

最近では、欧州委員会は、同様の問題を見て、伝承、反対の結論に達しました 大規模な$ 2.7十億罰金 六月に。

ミズーリ州のような国は自らの反トラスト法とは独立FBI捜査官の会社の業務遂行を調査する力を持っています。だから、Hawley氏は、Googleの行為が抵触ミズーリ法の実行されるかどうかを確認するために、同じ問題で、また別の表情を取っているようです。

Googleは成長している保守的なバックラッシュに直面しています

共和党はより多くのを好む一方で伝統的に、民主党は、消費者保護と独占禁止法の厳格な執行を好みます 自由放任 アプローチ。オバマ年の間に、Googleが民主党に自身を整列し、それは会社が深刻な精査を逃れる助けている可能性があります。共和党は、いずれにしても強力な独占禁止法の執行のためにプッシュするつもりはないし、民主党は政治的な同盟国を攻撃しない自然なインセンティブを持っていました。

しかし、今共和党がバック電源であることを、Googleが政治的スペクトルの両端からポピュリストガタの見通しに直面しています。

左側には、大企業の力に手綱する独占禁止法を使用するために成長している動きがあります。著名なGoogleの評論家でした Googleの資金によるリベラルシンクタンクから発射 8月に彼は、Googleのビジネス慣行を批判した後。 2つの周知のリベラル上院議員と可能な2020年の大統領候補者、バーニー・サンダースとエリザベス・ワーレン、繰り返し反トラスト法の厳格な執行を求めています。

一方、Googleは同様に右からの成長の批判に直面しています。多くの保守派 ジェームス・ダモア発射するという決定を批判, a Google engineer who argued that biological differences between men and women might explain why there are so many more men among Google’s engineers. Conservatives also worry that Google’s efforts to crack down on hate speech are leading to censorship of conservative speech more generally.

In short, conservatives increasingly see Silicon Valley executives in the same light as Hollywood celebrities, Wall Street bankers, and the lobbyists on K Street.

However, this hasn’t had much of an impact at the federal level—at least so far. Donald Trump vowed to crack down on big companies on the campaign trail, and early reports suggest he looked for antitrust officials who would carry through that vision. But ultimately he chose veterans of the Bush administration for key antitrust-related posts: Makan Delrahim to head the antitrust division of the Justice Department and Joseph Simons as chairman of the Federal Trade Commission. Delrahim and Simons are corporate lawyers who are more likely to continue the business-friendly policies of the Bush administration than launch a populist crusade against big Silicon Valley companies.

Trump’s basic problem was that it was hard to find loyal Republicans who are both knowledgeable about antitrust law and enthusiastic about stricter enforcement against companies like Google. The Republican bench is full of people like Delrahim and Simons—veterans of past Republican administrations that enjoyed friendly relationships with corporate America.

And this is why Hawley’s decision to launch an antitrust case against Google is significant. We don’t know if Hawley will get the Republican nomination or win his challenge to Sen. Claire McCaskill (D-Mo.) next year, but people like him will surely be elected to the Senate in the coming decade.

Hawley’s decision to go after Google suggests that he sees some upside in being seen as an antagonist to a company that conservatives increasingly view with suspicion. More than that, it suggests that Hawley believes it’s worth the risk of alienating the GOP’s pro-business wing, which takes a dim view of strict antitrust enforcement even if it targets a company with close ties to Democrats.

The danger for Google, then, is two-fold. First, the next Republican president may be as hostile to Silicon Valley as Trump has been. Even more ominously, the next Republican president is likely to have a much deeper bench of experienced Republican antitrust lawyers who see strict regulation of Google as a legitimate conservative objective.

開示: じぶんの ワークス Googleの.

en

قالب وردپرس

シェア

Web サイトの報酬のアクティブ ユーザー、おかげで品質の向上に努めています!

ことができます記事が間違っているか不足している情報を場合、またはそれを編集したり、コメントで私たちに通知 ここでオリジナルを参照してください。

改善ありがとうございます Business Monkey News!

資料を変更します。